観戦記

投稿者

Kia Kaha

2014年02月16日 11:40KO 秩父宮ラグビー場 レフリー 松岡辰也
早稲田大学 VS ヤマハ発動機ジュビロ 天気 晴れ / 強風
グラウンド状態 普通
前半 後半 得点 前半 後半 観客 さみしい・・・
1 1 T 4 2 投稿者が選んだマンオブザマッチ
0 0 G 2 1 チーム名
2 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0 選手名
11 5 24 12
16 合計 36

フォロー中・・・ シェア中・・・
*facebookにシェアする場合や投稿者をフォローする場合、ログインが必要となります。
「ヤマハ発動機に完敗、今季の戦いに終止符」

【提供】
 早稲田スポーツ新聞会
 http://bit.ly/1hoj1Yo

日本選手権1回戦、全国大学戦選手権(大学選手権)2位の早大はトップリーグワイルドカードトーナメントを勝ち抜いたヤマハ発動機と対戦。

清宮克幸氏(平2教卒=現ヤマハ発動機監督)と後藤禎和監督(平2社卒=東京・日比谷)は早大の同期、また昨秋はヤマハ発動機で出稽古を敢行したこともあり、互いに手の内を知った相手だ。

フィジカルで劣る早大は各局面に人数をかけて立ち向かいベストに近いパフォーマンスを見せたが、やはりトップリーグのカベは厚く、高かった。
試合開始早々、トップリーガーたちが牙をむいた。大学王者・帝京大とも張り合った早大自慢のFW陣が、モールで30メートル近く押し込まれる。2分にはヤマハ発動機WTBの個人技にディフェンスの間を抜かれ失トライ。

早大も負けじとブレイクダウンで果敢に絡み、ペナルティーを誘発する。風上の利を生かしゴールを選択するとSO小倉順平(スポ3=神奈川・桐蔭学園)が確実に決めた。

しかし、前半を通じて自陣で守る苦しい時間が続く。体が一回り大きい敵の選手を止めるのに、早大は2人、3人と人数をかける。チームのテーマでもある『数で勝つ』だが、ヤマハ発動機の素早い展開の前には結果的にサイドが手薄になってしまい、早大OBが名を連ねる相手の強力BK陣に立て続けに攻め込まれた。

フランカー金正奎(教4=大阪・常翔啓光学園)が守備の穴を突きトライを奪うなど反撃を見せるも、前半を11-24で折り返す。
後半に入ってもヤマハ発動機ペースは変わらない。1分、早大が警戒していた相手CTBにトライを許すと、14分にはラインアウトからそのままモールでインゴールに押し込まれる。25点差、また自陣で守り続けたことは早大の体力を奪った。

しかし、ここでチームをけん引したのはやはりプロップ垣永真之介主将(スポ4=東福岡)だった。声を張り上げ味方を鼓舞し、ヤマハ発動機の猛攻を凌ぐと22分、相手ペナルティーの好機に自らゲイン。金につなぐと左に展開し、最後はFB藤田慶和(スポ2=東福岡)が相手ゴールライン内に駆け込んだ。

「つなぐラグビーと我慢強いディフェンスを全て体現できた」(垣永)。その後は結局得点にはつながらなかったものの、最後に本来のプレーを取り戻し意地を見せ、16-36でノーサイドとなった。
今季のラグビー部の挑戦は幕を閉じた。試合後、引退となる4年生の顔は、どこか寂しげでありながらも清々しかった。垣永は「本当に後悔はないです。出し切りました」と語る。それほどに、早大の持てる全てをぶつけた。ただ、それでも及ばなかった。

後藤監督は下級生たちに「この試合のレベルを次のチームの最低ラインにしよう」と語ったという。チームは変わる。

しかし、最上級生が残したものは大きい。「きょう活躍したのは4年生。学年関係なくあのメンタルに持っていけたらもっとチームが強くなれる」(フランカー布巻峻介、スポ3=東福岡)。垣永ら4年生の魂は、新生ラグビー部を担う選手たちの胸に深く刻まれている。

【提供】
 早稲田スポーツ新聞会
 http://bit.ly/1hoj1Yo
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中