観戦記

投稿者

Kia Kaha

2014年01月13日 00:00KO 出雲ドーム レフリー
サントリーカップ第10回全国小学生タグラグビー選手権大会 VS 中国ブロック大会 天気
グラウンド状態
前半 後半 得点 前半 後半 観客
T 投稿者が選んだマンオブザマッチ
G チーム名
PG
DG 選手名
0 合計 0

フォロー中・・・ シェア中・・・
*facebookにシェアする場合や投稿者をフォローする場合、ログインが必要となります。
「サントリーカップ 中国ブロック大会が開催されました!」

【提供】
 タグラグビー ジャパンキッズウェブサイト
 http://bit.ly/1fCBb5e

岡山県・高島小グリーンボンバーズ 初の全国切符を獲得

1月13日(月・成人の日)、島根県出雲市の出雲ドームで、山陰で初の中国ブロック大会が開催されました。当日、未明から雪交じりの冷たい雨が降り続いていましたが、大会会場はドームなので、山陰特有の屋外の気象を気にすることなく、準備に取り掛かることが出来ました。

会場設営が整った頃、中国5県の各県代表それぞれ2チームの10チームが集結しました。中国ブロックには、決勝大会2連覇で3年連続出場の山口県の良城小学校が今回も山口県予選を勝ち抜き、ブロック大会4連覇を目指しており、ハイレベルな試合が展開されると予想されます。また、初出場が3チームあり、旋風を巻き起こしてくれるのではと期待されます。

予選プール戦は、同一県同士が対戦しないように、5チームずつ2つのブロックに分かれ、各チームそれぞれ2試合を戦いました。一方的な試合展開だったり、1点を争う好ゲームだったりして、どの試合も白熱し、選手の掛け声、応援の保護者の大きな声がドーム内にこだまして響き渡り、場内放送が聞き取りにくいくらい予選からヒートアップしました。奇しくも初出場のチームは予選で敗退しました。
決勝トーナメントへは、各ブロック上位3チームに出場権があり、山口県、島根県、岡山県のそれぞれ2チームの6チームが駒を進めました。決勝トーナメントの準々決勝、準決勝の戦いの末、決勝戦は、3年連続同一カードの、良城小ホワイトダイヤモンズ(山口市立良城小学校)と高島グリーンボンバーズ(岡山市立高島小学校)の対戦となりました。良城小はディフェンディングチャンピオンのプライドがあり。一方、高島小はリベンジに燃えています。試合は、両チームともお互いタグラグビーを良く練習しており、オフェンスのサインプレー、ディフェンスの声だし、マークなど、試合巧者ぶりを発揮していました。1点を争う、一進一退の展開となり、ドームが破裂するぐらい盛り上がった結果6対5で高島グリーンボンバーズが念願の初優勝を成し遂げました。高島グリーンボンバーズは昨年推薦枠で全国経験はあるものの、今回は実力で勝ち取った素晴らしい勝利でした。全国大会での活躍を期待します。

今大会は、決勝トーナメントへは、全国経験のある県とない県の2極化が顕在化しました。このような現象をなくすためにも、もっとタグラグビーの普及・育成に向けた取り組みの第一歩を踏みだそうではないかとの意見が出て、ブロックとして、タグに関係する指導者のベクトルが一つになったと思いました。

今大会では、事前準備から、当日の準備、後片付け、総務、競技等の役割を担当した島根県ラグビー協会の方、また、レフリーをお願いした各県の役員のみなさまのご協力により、大きな怪我がなく無事大会を終えることが出来ました。山陰で初の大会でしたが、懸念していた降雪、積雪の影響が幸いにして少なかったことも良かったのかなと思いました。

<参加チーム>
10チーム
江津東小学校(島根県江津市)
大和小学校(島根県美郷町立大和小学校)
醇風(鳥取県鳥取市立醇風小学校)
赤碕ファイターズ(鳥取県琴浦町立赤碕小学校)
高島グリーンボンバーズ(岡山県岡山市立高島小学校)
桃丘ジェッツタグラグビークラブ(岡山県岡山市)
五日市ジュニアラグビースクール(広島県広島市)
庄原東小学校桜ヶ丘BZ(広島県庄原市立東小学校)
明倫TRC(山口県長門市立明倫小学校)
良城ホワイトダイヤモンズ(山口県 山口市立良城小学校)

【提供】
 タグラグビー ジャパンキッズウェブサイト
 http://bit.ly/1fCBb5e
優勝チーム
高島小グリーンボンバーズ
準優勝チーム
良城小ホワイトダイヤモンズ
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中