観戦記

投稿者

Kia Kaha

2014年01月30日 00:00KO ザ・プリンス さくらタワー東京 レフリー
(株)ファクトリージャパングループ VS 女子7人制ラグビー部発足記者会見 天気
グラウンド状態
前半 後半 得点 前半 後半 観客
T 投稿者が選んだマンオブザマッチ
G チーム名
PG
DG 選手名
0 合計 0

フォロー中・・・ シェア中・・・
*facebookにシェアする場合や投稿者をフォローする場合、ログインが必要となります。
「誕生! オリンピアン・ファクトリー!!」

【提供】
 ラグカフェ編集部の取材メモ
 http://amba.to/LFmfIA

整体・ボディメンテナンスサロンなどを展開する株式会社ファクトリージャパングループ(以下FJG)が女子7人制ラグビー部を発足させます。

その名も
「カ・ラ・ダファクトリーA.P. パイレーツ」

写真は、チームロゴのメインビジュアルです。
以下、配布資料から引用

FJG創業の地である港町・横浜をホームとし、荒波の海でも船を乗りこなし、前へ前へと進むパイレーツをイメージしました。
おもてなしの国、日本の大和撫子集団「カ・ラ・ダ ファクトリーA.P.パイレーツ」。
私たちと一緒に、日本代表・オリンピックを目指しませんか??
私たちと一緒に、世界で活躍するという夢を叶えましょう!!

だそうです。
会見の登壇者は
FJG代表取締役会長兼社長 子安裕樹(こやすゆうき)
カ・ラ・ダ ファクトリーA.P.パイレーツ ゼネラルマネージャー 柛代大介(くましろだいすけ)
このふたりから挨拶と選手募集概要、チーム名などの発表が行われました。
子安代表は、ラグビー経験者で自社の経営にもチームプレーを重視し、ラグビー精神を導入しているんだとか。
国内ラグビーの活性化、女子セブンズの発展と、世界に通用する選手の育成を目指します。
選手はFJGに社員として入社する形となるため、引退後のセカンドキャリアもフォローは万全です。
トップリーグのクラブ同様、実業団ということですね。

ゼネラルマネージャーの柛代氏は、「我が社で一番熱い男」(子安代表)だそうです。
スポーツチームの運営はもちろん、ゼネラルマネージャーという仕事も初めてとのこと。
とはいえ、全国リーグもなく、大会自体も多くないので「強化」という面での仕事は多くないでしょう。
チーム名はこんな感じで発表されました。
ユニフォームはこんな感じ。(左が1st、右が2ndジャージです)
コーポレートカラーのオレンジを基調にしています。
ラグビーを象徴する桜と、横浜の市花であるバラがデザインされています。
監督には、サムライセブンという男子セブンズチームを率いている吉田義人氏が就任。

女子選手の指導は初めてですが、会社員として女性が多いチームのリーダーとして働いた経験があるので大丈夫とのことです。
ラグビー(セブンズ)を通して、社会に通用する人材を育てたいと話していました。
目指すセブンズのスタイルや、選手像について具体的な話はありませんでした。
自分自身の中にいる弱い、リトル自分に厳しくできる、打ち克つ人間であれば、競技だけでなく、仕事でも成功できる人間だという感じのことを話していました。
オリンピックに出るような選手を育てて、世間に、日本のラグビー界に夢や希望や感動を与えたいということでした。


選手は全て、2月23日に実施されるトライアウトで決定する予定とのこと。
応募条件は50m走7秒台というものだけで、特に年齢も競技経験などの制限もないので「我こそは! 」という女性はチャレンジしてみてもいいのではないでしょうか。
というわけで、詳細をリリースから転載します。

日時:2014年2月23日(日)13時~16時
場所:新河岸陸上競技場(東京都板橋区新河岸3丁目1番3号)
アクセス:都営三田線高島平駅から徒歩10分
募集人数:10名
応募条件:50m走7秒台
トライアウト内容:当日公開
応募方法:問い合わせ先 株式会社ファクトリージャパングループ ラグビー部
(メールと電話番号は割愛)

採用までの流れ
合格者は、ファクトリージャパングループの社員として入社いただきます。
トライアウトの結果は、2月26日に合格者のみに連絡
その後、GM、FJG人事部との面接をするとのことです。
※要履歴書

FJGは体育会出身の社員が8割近くいるということなので、そういった方面の出身でオリンピックに出たい、就職もしたいという人には大きなチャンスなのではないでしょうか。

さて、チーム名
「カ・ラ・ダファクトリーA.P.パイレーツ」

A.P.とは。
FJGでは、独自開発した整体理論「A.P.バランス」で施術を行っているそうです。
そのA.P.なのですが、
Aは、アトラス(第一頸椎)
Pは、ペルビス(骨盤)
とのことでした。
かなり企業宣伝色の強いチーム名ということですね。

セブンズがオリンピックの正式種目となり、こうした動きでチームができるのは良いことです。
この調子で、全国(とまではいわずとも)リーグ戦ができるくらいの数のチームができるといいですね。
5~6チームあれば全国で開催されるトップリーグのどこかの会場の前座でリーグ戦ができるんじゃないでしょうか。
とにかく、長く続くように頑張ってほしいです。
フォトセッションの様子です。
代表、監督、GM揃って
代表と監督がラグビーボールを持って
ユニフォームも
GMと監督がチームロゴを持って

できれば、パイレーツが中心となって女子セブンズ界を(協会を動かすくらいに)引っぱっていくくらいになってほしいです。

(尾)

【提供】
 ラグカフェ編集部の取材メモ
 http://amba.to/LFmfIA
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中