観戦記

投稿者

Kia Kaha

2014年01月18日 14:15KO 秩父宮ラグビー場 レフリー 麻生彰久
サントリーサンゴリアス VS ヤマハ発動機ジュビロ 天気 晴れ / 微風
グラウンド状態 良い
前半 後半 得点 前半 後半 観客 さみしい・・・
1 0 T 0 3 投稿者が選んだマンオブザマッチ
1 0 G 0 2 チーム名
2 0 PG 0 0
0 3 DG 0 0 選手名
13 9 0 19
22 合計 19

フォロー中・・・ シェア中・・・
*facebookにシェアする場合や投稿者をフォローする場合、ログインが必要となります。
「TL最終節★サントリー対ヤマハ★大島佐利選手インタビュー」

【提供】
 ラグカフェ編集部の取材メモ
 http://amba.to/1ihALEo

こんばんは!

アシスタントの佐野です。

トップリーグもついに最終節を迎えました。

熾烈な順位争いに決着がつき、パナソニック、サントリー、神戸製鋼、東芝がプレーオフ進出!

昨年と同じ顔触れながら、予選リーグは拮抗する試合が多かったのが今シーズンの印象です。

私は先週末、サントリー対ヤマハの試合をインタビューしてきました!


先制はライアン選手(サントリー)のPG

この試合、細かく点数を稼ぐサントリー

対するヤマハはどんな場面でもショットを選ばずトライにこだわる戦法

後半35分には同点になるなどやはりデットヒート。

試合終了間際には曽我部選手(ヤマハ)のキックパス。

大外へのキックでした。

「曽我部のプレー」と会見で清宮監督が語ったように、彼らしい戦術だったのかもしれません、がそれをキャッチしたのは塚本選手(サントリー)

キャッチしたボール持ち一気に敵陣へと攻めます。

あわやトライと言うところでペナルティながらもヤマハが阻止。

最後もライアン選手のPGで22対19でノーサイド

今シーズン初めて出た、ヤマハの会見。
独特の緊張感があります。

「チャレンジャーらしくヤマハの今まで足りなかったところを出せた試合でした。5ポイントの勝ちだけが欲しかったですね」と振り返る清宮監督

途中せき込み、会見の去り際では「水があったら咳き込まなかったのに。サントリーの天然水が(笑)」と(笑)

元サントリーの監督。粋なコメントを残して部屋を出て行きました
それでは早速インタビューを!
今シーズン初スタメン、初出場のサントリーサンゴリアス、大島佐利選手!

「勝てた事はチームにとって良かったなと思います。個人的にはですね、初のスタメンだったので持てる力を出すということだけ考えていました。
自分的にまだ課題はあったのでそこは修正したいです。でも本当に勝って終われた、このグラウンドに立てたというのは大きな一歩だと思うのでこれをスタートに頑張っていきたいなと思います。」

と試合を振り返っているところに、沢山の記者に囲まれ終わった曽我部選手(元サントリー、現ヤマハ)がニヤニヤこちらを見ながらやってきて大島選手を茶化します(笑)

早稲田、サントリーとかつて同じチームでにプレーをした先輩後輩コンビ

せっかくなのでマイクを向けさせてもらいました♬

「メンバー発表を見た時に、大島の名前が8番で出てて、速攻でメールしたんですよ、「ふふふ」って(笑)良かったねって意味で。前一緒のチームだったので、佐利が悩んでるとことか、へこんでるとことか、バックスに未練があるとことか色々見てきたんで、そんな中でメンバーに入れたらちょっとでも頑張れるんじゃないかなと応援してたので、本当に嬉しかったですね。」

と後輩への思いやり溢れるコメントを頂き「おめでとっ!」と言いながら去って行きました。

チームが変わっても良い関係が続いているんですね。


この試合、このお2人だけでなく早稲田OB色の強いこと

大島選手もOBが沢山出場する試合は楽しみであり、絶対負けたくないという気持ちで頑張ったそうです。


さて今回のインタビューで聞きたかったこと。
今季、大島選手は、練習試合にウイング、センター、ナンバーエイトとフォワードとバックスの垣根をこえ起用されていました。
曽我部選手も言っていたように、自身のチームでの位置づけは難しかったでしょう。

ユーティリティプレーヤーとはいえ、どこのポジションが良いのでしょうか

「色々悩んだりもしたんですけど、どこのポジションが良いというよりは、どこのポジションであっても自分のプレーをするっていうことを重点におくことにしたんで、ポジションへのこだわりは今は特にないですね。やれって言われたところで100パーセントの力を出すっていうのがこれからの僕のテーマかなっと思っているので。」

フォワードとバックス,共通する”自分のプレー”とはどこでしょうか

「僕の持ち味はボールを持つことなんで、バックスだろうとフォワードだろうとボールを前に運ぶっていうプレーが得意なのでそれを前面に出すことが僕の仕事かなと思います。」

と応えてくれました。
ポジションによって体作りも違うはず。そういった点はどうかと聞いてみると

「(チームの方針は)80分間強く走れる選手を目指そうとやってきたので、そこは僕の中でも特にフォワードだからバックスだからということはなくて、本当に強く速い選手になるっていうことだけを考えてトレーニングをしているだけなので僕は変わらずどっちもやるという感じですね。」


春に同期の仲村選手から、大島選手もシーズン前からクラブハウスによく通いトレーニングをしていたという話を聞いていました。
シーズン前に大久保監督にインタビューしたときも注目選手の一人として名前があがっていました。大事な4年目というシーズンに対する想いを聞いてみると

「4年間で3試合くらいしか出られなかったので、今年は何か変えなきゃという想いが強かったので。そういった面では春から良い準備が出来たかなと思います。まだまだ自分のイメージの中では成長できると思っていますし、まだまだ課題がある中で、凄くイメージとしては良い方向に向かっていると思うので、最後まで成長できるようにまた頑張りたいです。(プレーオフは)負けられない試合なので、本当に勝ちにこだわって、自分の持ち味を100パーセント出せるように頑張りたいと思います。」


シーズン前、シーズン中の練習試合と定期的にインタビューをしてきた大島選手。

やっと秩父宮で話を聞ける日がきました♬

他にもリーグ戦の振り返りをサントリーの真壁キャプテン、ヤマハの三村キャプテンに聞いてきたのでそちらはラジオで!

聞き逃したという方は、このブログ(パソコン版)の右上のカウントダウン写真の下から聞けますので是非チェックしてみてください♬

http://amba.to/1ihALEo

さの

【提供】
 ラグカフェ編集部の取材メモ
 http://amba.to/1ihALEo
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中