観戦記

投稿者

Kia Kaha

2013年12月01日 14:00KO 国立競技場 レフリー 工藤隆太
早稲田大学 VS 明治大学 天気 晴れ/無風
グラウンド状態 良い
前半 後半 得点 前半 後半 観客 満員!!!
0 2 T 0 0 投稿者が選んだマンオブザマッチ
0 1 G 0 0 チーム名
1 0 PG 0 0
0 0 DG 1 0 選手名
3 12 3 0
15 合計 3

フォロー中・・・ シェア中・・・
*facebookにシェアする場合や投稿者をフォローする場合、ログインが必要となります。
『最後の国立』勝利で飾る

【提供】
 早稲田スポーツ新聞会
 http://bit.ly/18wLU0L

『最後の国立』――。国立競技場(国立)の改修工事に伴い、国立での早明戦は今回をもって見納めとなる。そこで両校は、春先から早明戦集客プロジェクトを展開。

その結果、昨年の3万2132人を大きく上回る4万6961人の観客が国立に集まった。だが注目度の高さが影響したのか、序盤は早大らしからぬプレーやミスが散見される。

幸先よく得点した後半も中盤以降は劣勢を強いられた。それでも苦心したスクラムで優位に立つと、早大は徐々にペースをつかみ最終的にスコアを15―3としてノーサイド。早明両校の歴史に残る一戦を、見事勝利で飾った。
ビッグマッチゆえの重圧だろうか。前半開始から中盤までは攻め手を欠き、アタックを仕掛けても要所でターンオーバーを許す苦しい時間帯が続く。

またワセダの強みであるセットプレーでも精彩を欠いた。プロップ大瀧祐司(文4=神奈川・横浜緑ケ丘)が「自分の思ったようには組めなかった」と振り返ったように、スクラムでは押し込まれる場面も。

そして28分、自陣でラックを連取されると明大SOにDGを決められついに均衡が破れる。先制を許し、嫌な雰囲気が早大陣営に立ち込める。

しかし、直後にWTB荻野岳志(先理3=神奈川・柏陽)がインゴールに迫るロングカウンターを見せるなど、早大も簡単には流れを渡さない。

荻野のゲインを起点にじりじりと攻め続け38分。負傷退場した小倉順平(スポ3=神奈川・桐蔭学園)に代わって出場したSO浅見晋吾(スポ2=神奈川・桐蔭学園)のPGが成功し、3―3の同点で前半を折り返す。

迎えた後半、前半とは打って変わってキックオフ直後から攻勢に出る。敵陣でペナルティーを誘うと、積極的にボールを動かし一気にゴール前へ。

その後のラックから、SH岡田一平(スポ2=大阪・常翔学園)が大外のフランカー金正奎(教4=大阪・常翔啓光学園)にダイレクトパスを通しトライ。

あっさりと勝ち越しを決めた早大だったが、ここから自陣にくぎ付けとなる。20分すぎには、自陣ゴール前で明大の執拗なFW勝負を受けるなどキックオフ直後とは一転して防戦一方に。

それでも「我慢強くやっていた」というフランカー布巻峻介(スポ3=東福岡)が見せた2度のターンオーバーをはじめ、FW陣が奮闘しゴールラインは割らせない。

そして42分のラストワンプレー、早大FWがようやくスクラムを押し込み、そこから抜け出したNO・8佐藤譲司(スポ2=山梨・日川)がトライを決め試合終了。

「セットプレーがカギを握ると思っていました」(プロップ垣永真之介主将、スポ4=東福岡)という言葉通り、後半におけるスクラムの修正が大きな勝因となった。
両校のプライドを懸けたスクラム。後藤禎和監督(平2社卒=東京・日比谷)が「これぞ早明戦」と語った早大陣ゴール前での攻防。

満員の大観衆の中、両校の選手たちは歴史の幕引きにふさわしい戦いぶりで『最後の国立』を彩った。長い月日を要した一大プロジェクトも、ひとまずの成功を見たと言えるだろう。

しかし、チームにとってのゴールはここではない。あくまで最終目標は、全国大学選手権で『荒ぶる』を歌うこと。「きょうはきょうで喜びますけど、ノーサイドの時点で次のキックオフの笛は鳴っている」(布巻)。今回見せたピンチでの粘りや修正を、いかに今後も継続していけるか。思い出に浸るのはまだ早い。

★早大は2位で大学選手権へ

関東大学対抗戦は全日程が終了し、最終順位が決定した。帝京大が全勝で優勝を飾り、3連覇を達成。

早大は6勝1敗の2位で大学選手権に駒を進める。8日から始まる大学選手権セカンドステージは出場16チームが4プールに分かれて総当たり戦を実施。

各プール1位のチームがファイナルステージ進出権を得る。プールDに入った早大は、8日に大体大(関西大学Aリーグ5位)、15日に京産大(関西大学Aリーグ3位)、22日に中央大(関東大学リーグ戦5位)と対戦。まずは、2年連続の正月超えを狙う。
★『さよなら国立セレモニー』にユーミンが登場!

試合後は、40年にわたる現国立競技場での早明戦終幕を記念して、『さよなら国立セレモニー』が行われた。

両校応援団のリードによりお互いの健闘をたたえ合うと、最後にはシンガーソングライターの松任谷由実さんが登場。

選手たちを前にして80年代の名曲・『ノーサイド』を披露した。選手そして4万7千人の大観衆は静かにその歌声に聞き惚れ、スタジアム内には感動の輪が。ユーミンの美声が熱戦に華を添え、伝統の早明戦を締めくくった。

【提供】
 早稲田スポーツ新聞会
 http://bit.ly/18wLU0L
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中