観戦記

投稿者

Keita Noguchi

2013年11月23日 14:00KO 秩父宮ラグビー場 レフリー 藤内有己
早稲田大学 VS 慶応義塾大学 天気 晴れ
グラウンド状態 普通
前半 後半 得点 前半 後半 観客 たくさん!
6 5 T 1 0 投稿者が選んだマンオブザマッチ
3 4 G 1 0 チーム名
0 0 PG 0 0 早稲田大学
0 0 DG 0 0 選手名
36 33 7 0 金選手
69 合計 7

フォロー中・・・ シェア中・・・
*facebookにシェアする場合や投稿者をフォローする場合、ログインが必要となります。
早慶戦観戦記

試合開始直後は慶応が出足の良い攻守、WTB児玉のロングキックでペースを掴む。硬さも見られた早稲田だが、自陣からのFB藤田の突破、オフロードパスがWTB荻野につながり、一気に先制トライまで結びつける。

そこから早大ペース。1人目を何とか止めながら2人目からのサポートが早い早稲田のテンポある攻撃を止められず、連続5トライ。バックスの突破力が注目されるが、FL金やLO黒木らFW陣の骨惜しみしないフォローランがもたらした成果である。

慶応はFL布巻選手の負傷交代からゴール前に殺到して1トライ返すも前半は36対5。

後半、慶応はLO川原選手やCTB石橋選手を絡めた縦突破から少々甘くなった早稲田の0チャンネル防御を突く戦法で打開を図るが、早稲田のラックが早く、攻めあぐねる。

逆に早稲田はFB藤田選手の個人技からチャンスを生み出して連続5トライで勝負あり。69対7という意外な大差で早稲田が勝利しました。

【早稲田大学分析】
・スクラムの強さは文句なし。慶応の低い押しにも順応し、逆にめくり返す強さがあった。
・ラインアウトは課題あり。黒木、芦谷、佐藤と3枚のジャンパーを備えながら、慶応に読まれていた印象がある。
・防御に関して言えば、布巻の低く鋭いタックルが見事。そこに垣永らがよく絡み、慶応の縦攻撃を良く止めていた。ただし、後半タックルが甘くなり、0チャンネルを度々突かれて突破されていた点は課題。布巻不在による影響の大きさはあると推察する。
・バックス攻撃は見事の一言。FB藤田が加わり、彼に相手防御が集まることで、そこにできたギャップを荻野や飯野たちが突くというオプションが出来上がりつつある。藤田選手も無理に突破するのではなく、相手を集めてオフロードで守備の穴を生むという柔軟な選択肢を備え、実現できていた。後は、この試合では殆ど見られなかったが、ハイパントへの対応であると思う。そこは試合経験とチーム練習の熟成で埋まる課題であると考える。
・特筆すべきは坪郷、飯野のセンター陣。ループや飛ばしといった派手なサインプレーはないが、パスを受けて確実に加速するという基本に忠実なプレーで幾度もチャンスを作り上げた。センター陣の脆弱さという欠点は最早塞がったと思う。
・残る課題はHB団への素早いプレッシャーへの対応。SH岡田選手のバッキングタックル、積極性は大きな武器であるが、プレッシャーを受けた際の適応、パスのブレはまだ解消されていない。ここの安定が早稲田の今後を左右するポイントであると思う。

【慶応義塾大学分析】
・2人目以降の寄りが弱いという守備面の課題はあったものの、最初で止めるという気持ちと姿勢は見えていた。ただ、突破された後の守備位置は課題がある。結果的に詰め切れず、早稲田のプレイヤーにスペースを作らせていたからだ。
・攻撃面では、じっくりと待つべき所で焦って展開した印象が強い。また、川原や石橋、大石らの縦でしっかりボールを確保して、児玉・下川のロングキックでエリアマネジメントをするという慶応のリズムが生み出せていなかった。
・後半こそ0点だったものの、SHの交代からそれなりにテンポは良くなった。後は、強いFWを擁したチームの寄りに対して、いかに避けるか。また、球出しを図るかを意識すること。点差こそ大きく開いたが、ダメージを負う負け方では無いと思う。

MVPはバックス攻撃の新たな選択肢を生み出した藤田選手と迷ったが、骨惜しみしないサポートランニングと密集戦を80分間戦い続けた金選手。単なる突破ではなく、常にFWもフォローに回る攻撃の厚みは、帝京にも劣らない見事なものであった。
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中