観戦記

投稿者

Kia Kaha

2013年11月23日 14:00KO 秩父宮ラグビー場 レフリー 藤内有己
早稲田大学 VS 慶應義塾大学 天気 晴れ/無風
グラウンド状態 良い
前半 後半 得点 前半 後半 観客 たくさん!
6 5 T 1 0 投稿者が選んだマンオブザマッチ
3 4 G 1 0 チーム名
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0 選手名
36 33 7 0
69 合計 7

フォロー中・・・ シェア中・・・
*facebookにシェアする場合や投稿者をフォローする場合、ログインが必要となります。

「慶大に大勝!春の『倍返し』果たす」

【提供】
 早稲田スポーツ新聞会
 http://bit.ly/1i5dd6b


春の慶大戦大敗から半年。ともに4勝1敗で並ぶ早慶両校の伝統の一戦が、満員の秩父宮ラグビー競技場で行われた。

日本代表での活躍も記憶に新しいFB藤田慶和(スポ2=東福岡)がこの試合で公式戦初出場。試合は、藤田を加えた早大の攻撃が爆発する。

開始10分の間に早くも2トライを奪うと、一気に試合の流れをつかむことに成功。前半終了間際に慶大にモールトライを許すも、後半は無失点に押さえ、69―7というビッグスコアで見事リベンジを果たした。

前半6分、藤田が相手ディフェンスを引き付け、パスを受けたWTB荻野岳志(先理3=神奈川・柏陽)がロングゲイン。最後はSO小倉順平(スポ3=神奈川・桐蔭学園)がインゴールへたたき込んだ。

続けて9分に、CTB飯野恭司(商3=東京・早実)が慶大ディフェンスのカベを破りトライへつなげる好プレーを見せ、流れを引き寄せる。

さらに16分にはスクラムトライを決め、今季好調のFW陣が強さを証明。ここから続けて3トライを奪い、36―0と大きくリードを広げる。しかし40分、ゴール前の攻防を守りきった直後の早大のペナルティーで、集中力が低下。慶大ボールのラインアウトから形成されたモールトライをあっさりと許し、36―7で折り返す。

このまま波に乗り、点を重ねたい早大。後半4分、飯野のブレイクで小倉がインゴール中央に飛び込む。自身3度目となるトライを皮切りに、早大は後半20分までにさらに2トライをあげ、57―7。 

後半、中でも躍動したのは、留学や日本代表での活動を経て、1年半ぶりに赤黒に袖を通した藤田だ。秀逸だったのは後半35分。ハーフウェイライン付近で小倉からパスを受けた藤田は、並みいる慶大ディフェンスのあいだをくぐり抜け、50メートルの独走トライ。長い手足を使った華麗な身のこなしに、会場は大いに沸いた。

続けて38分にはCTB浅見晋吾(スポ2=神奈川・桐蔭学園)のゴロパントに藤田が反応し、落ち着いてグラウンディング。最後まで攻める姿勢を保ったまま慶大を無失点に抑え、69―7の大勝で90回目の戦いは幕を下ろした。

1対1で負けないことを目標に挑んだ早大。「タテへの突破を図って、それが効いてきたら外に回していく」(小倉)というゲームプランどおり、個々のフィジカルの強さとBKを中心としたアタックがきちんと機能していたことが勝因だろう。

小倉は、「春はFW頼みになっていたBKが、成長してきていることを感じる」と語る。FWに加え、突破力のあるBKにも磨きがかかっている。

日々着々と進化を遂げている早大。次戦は現国立競技場での最後の早明戦だ。チームをさらに昇華させ、全国大学選手権につながる勝利をもぎ取る。

【提供】
 早稲田スポーツ新聞会
 http://bit.ly/1i5dd6b
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中