観戦記

投稿者

Kia Kaha

2013年10月26日 12:00KO 秩父宮ラグビー場 レフリー
第7節 VS 加藤選手、塚本選手インタビュー 天気
グラウンド状態
前半 後半 得点 前半 後半 観客
T 投稿者が選んだマンオブザマッチ
G チーム名
PG
DG 選手名
0 合計 0

フォロー中・・・ シェア中・・・
*facebookにシェアする場合や投稿者をフォローする場合、ログインが必要となります。


「第7節★加藤選手、塚本選手インタビュー」

【提供】
 ラグカフェ編集部の取材メモ
 http://amba.to/1apdHMp


こんにちは!

アシスタントの佐野です。

本日予定していた、サントリー対サニックスのサテライトは中止・・・

というわけで、コムと神戸の試合を見ながら昨日のレポートをお届けします♪

最終節まで順位が分からない大混戦。
私も今テレビ中継と、東芝と近鉄の試合状況をネットで追いながらブログを書いています。

忙しい(笑)

昨日の秩父宮

天気予報は12時からは雨がやむとのことでしたが・・・・
結局第一試合はずっと雨。

そうなるとお客さんの数も少なく、屋根のある席に集中します。

第一試合は2266人。先週の三ツ沢より少ないですね。

しかし肝心の試合はCANON、ヤマハの両チーム気合いの入った、とても面白い試合でした。

CANONは今シーズン大躍進。
この日もここまで負けなしのヤマハに28対18で勝利し、上位グループへの進出を決めました!

昨シーズン11位の若いチームの勢いは最後まで留まることなく、結果を出しましたね★

インタビューは山梨枠!初インタビュー加藤圭太選手(ヤマハ)♬

「後半から入って、自分の役目であるセットプレーでプレッシャーをかけれなかったので悔しいですね。」

とこの試合、ターゲットとしていたセットプレーで結果が出ず、不甲斐ない様子でした。

相手は今季勢いのあるCANON。
実際試合をした印象を聞いてみると

「すごいフォワードにもまとまりがあって、やはりちょっとのまれたというか、跳ね返す力がなかったのかなとは思いますね。」

「若さではうちも負けてないと思う」と言いつつCANONの勢いを感じたようです。

1stステージを振り返ってもらうと

「チーム的には最後1敗しましたけど、ここまで良い調子で来ていましたね。2ndステージは強い相手しかいないので,更に気を引き締めていかなきゃ厳しいと思いますね。」

1stステージの山場を聞くと
「山場・・・?」と一瞬悩ませてしまいましたが、「パナソニック戦で引き分けて、東芝戦で勝利し、そこでチームがひとつステップアップしたという実感はありましたね。」
と心なしか、その後チームが自信をもったようにみえたようです。

2ndステージに向けては
「リザーブで出る事が多いので個人的には2番を着てスタートからプレーしたいですね」
と意気込みを頂きました!

加藤選手は山梨枠ですが、我が母校日川高校の最大のライバル、桂高校出身の選手です。
その話は特に出しませんでしたが・・・気まずくなるのを恐れました(笑)

花園予選が始まっている高校ラグビー。

実は今週私は日川に取材に行く予定でしたが台風の影響で中止・・・
既に有賀選手(サントリー)や鶴田選手(NTTコム)には後輩へのメッセージももらっています!

花園予選山梨県大会決勝は取材してきますのでお楽しみ♬
おそらく、加藤選手の母校桂高校との一戦でしょう~

続いてはサントリー対docomo

バックスタンドの様子。
途中雨もやみましたが、お客さんはさほど増えず3112人。

前半はdocomoがリードする展開。

「最後のディフェンスを始めから出せれば良かった」と記者会見で真壁キャプテンが振り返るように、前半はボディポジションが高く、サポートが遅いサントリー。

しかし後半には若い選手の活躍もあり、最後は35対13でサントリーの勝利!

インタビューはルーキー塚本健太選手(サントリー)♬

トップリーグは2度目の出場。

この日、後半7分に小野澤選手の負傷から交代出場。

出場直後はパスのキャッチミスもあり、ヒヤヒヤ。

私もルーキーを見るときは何故か母のような気持ちになってしまいます(3つしか変わらないです実際)

そのミスプレーについては本人も「超、めっちゃ、最初は緊張しました(笑)」というようにまだ気持ちが追い付いていなかった様子。
そのあと体を当てていくごとに緊張はほぐれていったようです。

この日意識したことは

「仕事量を増やしていかないと。フィジカルの部分で勝てたらいいなと思っていきました。
まだまだ課題ばかりなんで、練習から直していけたらなと思います。」

普段はフルバックの塚本選手ですが、この日はウイングでプレー。
「(フルバックは)ちょっとやってたんで違和感はなかったですが緊張はしましたね」

と慣れないポジションながら2トライを決める活躍♬

特に最後のトライは「絶対とりきるってのを意識していきました。」というように綺麗にディフェンスを交わしてからのトライでした。

自身の持ち味「ボールもったら取り切るところです」とのこと

「試合に出たらら精一杯自分の仕事をするんで頑張りたいです!」
最後に2ndステージへの意気込みを頂きました!

初のインタビューでしたが、受け答えのふわっとした柔らかさに驚きました(笑)
おそらく今までインタビューした中で一番でしょう。(パナの木村選手もなかなかでしたが)

ずっとニコニコしていて、とてもやさしい口調。いわゆるラガーマンの屈強なイメージとは全然違います

こうやって実際話してみるとギャップのある選手は少なくはありません

それもインタビューで伝えられたらと思います♪


とブログを書き終わるころには1stステージの順位も確定

大混戦でしたが、これが現状。
2ndステージのそれぞれのチームの頑張りが楽しみです♬

明日は、先日のブログでリクエスト頂いた小野晃征選手のインタビューをお伝えします♪
(話の流れで後日になり申し訳ございません)

さの


【提供】
 ラグカフェ編集部の取材メモ
 http://amba.to/1apdHMp


  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中