観戦記

投稿者

Kia Kaha

2013年10月19日 19:00KO ニッパツ三ツ沢球技場 レフリー 三宅渉
早稲田大学 VS 青山学院大学 天気 くもり/弱風
グラウンド状態 良い
前半 後半 得点 前半 後半 観客 さみしい・・・
2 1 T 0 0 投稿者が選んだマンオブザマッチ
1 1 G 0 0 チーム名
0 0 PG 1 1
0 0 DG 0 0 選手名
12 7 3 3
19 合計 6

フォロー中・・・ シェア中・・・
*facebookにシェアする場合や投稿者をフォローする場合、ログインが必要となります。

「課題残るも、青学大に辛勝で開幕4連勝」

【提供】
 早稲田スポーツ新聞会 
 早スポオフィシャルブログ「ただいま取材中!」
 http://amba.to/1i7bDeO

 関東大学対抗戦(対抗戦)で開幕3連勝の早大は、前節の慶大戦で24-18と金星を挙げ、勢いに乗る青学大と対戦。試合は立ち上がりから青学大の前に出るディフェンスに手を焼き、なかなかペースをつかめない。

 それでもWTB深津健吾(スポ3=東京・国学院久我山)の2トライとスクラムトライで奪ったリードを守り切り、19-6で辛勝。開幕4連勝とするも、次戦の帝京大戦に向け課題を残すゲームとなった。

 序盤から見せた青学大の勢いのあるディフェンスは早大を苦しめた。前へ前へと出てくるディフェンスを前にパスが回らない。さらに肝心なところでのハンドリングミスやペナルティーで流れを作れない。

 青学大の勢いに押されるまま22分、ゴール前のPGを難なく決められ、先制を許す。それでも28分、パスを受けた深津が左サイドを突破し、タッチライン際でインゴールに飛び込み逆転。

 さらに31分、鮮やかなクロスでCTB坪郷勇輝(商4=東京・早実)が中央を抜け出すと、フォローに入った深津がトライ。ペースをつかめなかった前半であったが、12-3とリードして折り返す。
 

 主導権を握りたい後半は5分に好調のFW陣からスクラムトライが生まれ、リードを広げることに成功。ここから勢いに乗りたい早大であったが、前半同様に青学大の素早い集散と鋭い出足の前に、突破口を見出すことができない。 

 自陣に押し込まれてのプレーが続き、22分に再びPGを決められ、19-6。その後もパスミスやペナルティーが目立ち、敵陣奥深くにすらボールを運べず。トライこそ与えなかったが、最後まで悪い流れを引きずり、笑顔のないノーサイドを迎えた。

 「あまりいい所のない試合でした」(後藤禎和監督、平2社卒=東京・日比谷)という言葉が全てを物語る。収穫は苦しみながらも勝ったことのみといっても過言ではない。
 
 選手たちが口々にミスやペナルティーの多さを語るように、課題は明らか。ペナルティーに関してはレフリーの基準に合わせて賢くプレーしていく必要もあるだろう。

 次は全勝で迎える王者・帝京大戦。「帝京大だけをターゲットに1年間やってきた」(プロップ垣永真之介主将、スポ4=東福岡)と話すように、いまや早大にとって最大にして最強のライバルだ。

 「このまま帝京大戦に乗り込んだら、絶対に負けますし、圧倒される」(NO・8佐藤穣司、スポ2=山梨・日川)との言葉通り、きょうのような内容ではリベンジを果たすことはできない。

 いままで積み重ねてきた早大のラグビーをこの2週間で最高のものに仕上げられるか。11月3日、絶対王者との決戦を迎える。


【提供】
 早稲田スポーツ新聞会 
 早スポオフィシャルブログ「ただいま取材中!」
 http://amba.to/1i7bDeO
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中