観戦記

投稿者

Kia Kaha

2013年09月15日 13:00KO 秩父宮ラグビー場 レフリー 山本哲士
早稲田大学 VS 日本体育大学 天気 晴れ一時雨/弱風
グラウンド状態 良い
前半 後半 得点 前半 後半 観客 さみしい・・・
5 6 T 0 0 投稿者が選んだマンオブザマッチ
3 4 G 0 0 チーム名
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0 選手名
31 38 0 0
69 合計 0

フォロー中・・・ シェア中・・・
*facebookにシェアする場合や投稿者をフォローする場合、ログインが必要となります。

「大量得点&完封勝利で好発進! 」


【提供】
 早稲田スポーツ新聞会
 早スポオフィシャルブログ「ただいま取材中!」
 http://ameblo.jp/wasedasportsblog/entry-11614618290.html

充実の夏合宿を終えて、いよいよ開幕した関東大学対抗戦。5年ぶりの王座奪還へ――。

『荒ぶる』への第一歩となる日体大を相手にした初戦、早大は前半から猛攻を見せ、トライを量産。大量リードを奪った後もリードに甘んじることなく、相手をシャットアウト。大量得点かつ完封勝利で幸先の良いスタートを切った。

試合開始から相手を支配した。前半8分にWTB土肥将也(人4=東京・三鷹)のトライで先制すると、その後もピッチを広く使った攻撃で着実に得点を重ねていく。

ブレイクダウンやタックルなどの接点でも強さを発揮し、相手を圧倒。終盤には立て続けに敵陣ゴール前でのスクラムから押し切るトライで追加点を奪い、31-0で前半を終える。

後半に入っても攻撃の手を緩めず、SO小倉順平(スポ3=神奈川・桐蔭学園)の個人技によるゲインから連続トライを挙げ、主導権を渡さない。

中盤にかけては攻めあぐねる時間帯を迎えるも、相手の足が止まり始めた終盤に入ると再び畳み掛け、トライを積み重ねた早大。終わってみれば11トライの猛攻で69-0と圧勝。対抗戦の初戦を飾った。

試合を通じてボールを支配し、攻め続けたこの試合。先発出場した選手たちもさることながら、SH平野航輝(スポ3=長崎南山)ら途中出場の選手たちもトライを挙げる活躍を見せており、赤黒の座を争う競争は一層、激しさを増している。

このような高いレベルでのレギュラー争いが続くようであれば、個人としても、またチームとしてもさらなる成長を遂げていくだろう。

だが、その一方で攻守両面でのミスが目立ち、攻め込みながらも決めきれない、相手にビッグゲインを許してしまうなど、流れを失いかねない場面も見受けられた。特にミスからチャンスを逸することの多かったオフェンスに関しては、「精度の問題」(プロップ垣永真之介主将、スポ4=東福岡)と課題は明確であり、今後の改善が求められるところである。

とはいえ、ミスが多く見られた中でも大量リードに油断することなく、相手を無得点に抑えた早大。「評価できるのは失点を0に抑えられたこと」と後藤禎和監督(平2社卒=東京・日比谷)が試合後語るように、相手にビッグゲインを何本も許した中でも踏ん張りを見せたディフェンスの出来はこの試合の収穫と言えるだろう。

次に迎えるは昨年の全国大学選手権で準優勝を果たした筑波大。大学ラグビー界屈指の攻撃力を持つ相手BK陣をどう封じ込めるか。対抗戦制覇に向け、まずは最初の関門を迎える。

【提供】
 早稲田スポーツ新聞会
 早スポオフィシャルブログ「ただいま取材中!」
 http://ameblo.jp/wasedasportsblog/entry-11614618290.html


  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中