観戦記

投稿者

Kia Kaha

2013年08月29日 12:00KO 菅平サニアパーク レフリー
早稲田大学 VS 流通経済大学 天気
グラウンド状態
前半 後半 得点 前半 後半 観客
T 投稿者が選んだマンオブザマッチ
G チーム名
PG
DG 選手名
65 合計 19

フォロー中・・・ シェア中・・・
*facebookにシェアする場合や投稿者をフォローする場合、ログインが必要となります。
「11トライを奪う圧勝で夏を締めくくる 」


【提供】
 早稲田スポーツ新聞会
 http://ameblo.jp/wasedasportsblog/entry-11602784169.html

約1カ月もの長きに渡った夏合宿。その最後に用意されたのは、流通経大との一戦だ。早大は前半から主導権を握って試合を優位に進める。

後半から相手の足が止まったのを見逃さなかった早大は、猛烈なトライラッシュを披露。後半だけで9つのトライを挙げた早大が65-19と大差で勝利し、合宿の充実さを感じさせると共に、翌月に開幕を控える関東大学対抗戦へと大きく弾みをつけた。

前半、早大は素早いアタックや、SO小倉順平(スポ3=神奈川・桐蔭学園)のロングキックが機能し、敵陣で優位にラグビーを続ける。FWが近場、BKが展開して外を攻めるしつこい攻撃は、流通経大に多くのペナルティーを誘発させた。

すると11分、早大は相手ゴール前付近からのラインアウトからBKが左にパスをつないでいき、FB滝沢祐樹(基理2=福島)がインゴールに飛び込んで先制点を挙げた。27分にも同様の形から小倉がトライ。

14-0とし、このまま突き放したい早大だったが、30分、BKのパスミスから流通経大にターンオーバーされると、そのまま独走を許して失トライ。ゲームを支配していただけに痛恨の失点だったが、早大は前半を14-7とリードして折り返した。
迎えた後半は、いきなりWTB荻野岳志(先理3=神奈川・柏陽)が相手ディフェンスの穴をすり抜け、ノーホイッスルトライを決め幕が開けた。

さらに後半途中から投入されたSH平野航輝(スポ3=長崎南山)、SO間島陸(商4=東京・早大学院)のコンビが、疲れの見える流通経大の守備の穴を、ハイテンポで突いていくと一方的な展開に。

中でも28分、相手のドロップアウトから試合が再開すると、ボールを受けた滝沢が大幅ゲイン。フォローに走っていたフッカー清水新也(スポ3=宮城・仙台育英)につなぎ、最後はまたも滝沢が抜け出して獲得した得点は、春からテーマに掲げている『数で勝つ』の一端が伺えた。

今回の大勝の裏には、ペナルティーの少なさが大きく関わっている。「相手にペナルティーをさせて自分たちがしなければ、それだけで敵陣にい続けることができ、楽な試合運びができる」と後藤禎和監督(平2社卒=東京・日比谷)は語る。

これまで多かった、自らのペナルティーの数を減らしていくことが、復権のカギを握ることは間違いない。この課題を菅平から下山しても取り組んでいきたいところだ。新たな戦いはもう目の前に迫っている。

【提供】
 早稲田スポーツ新聞会
 http://ameblo.jp/wasedasportsblog/entry-11602784169.html

  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中