観戦記

投稿者

Kia Kaha

2013年05月12日 13:05KO 盛岡南公園球技場 レフリー
早稲田大学 VS 釜石シーウェイブス 天気
グラウンド状態
前半 後半 得点 前半 後半 観客
2 2 T 3 1 投稿者が選んだマンオブザマッチ
0 0 G 1 0 チーム名
0 0 PG 0 0
0 0 DG 0 0 選手名
10 10 17 5
20 合計 22

フォロー中・・・ シェア中・・・
*facebookにシェアする場合や投稿者をフォローする場合、ログインが必要となります。
【提供】

記事・写真:wasedasports.com  http://www.wasedasports.com/rugby/130514.php

写真:早稲田大学ラグビー蹴球部非公式ファンページ
http://goo.gl/USSv2

石川啄木や宮沢賢治ゆかり地である盛岡市で、釜石シーウェイブスと対戦した。   

「ディフェンス自体はよかった」(フランカー金正奎、教4=大阪・常翔啓光学園)の言葉通り、前半から前に出る好ディフェンスで、失点を最小限に抑える。しかし、ゴール前で何度もトライを取りこぼすなど攻撃面で精彩を欠き、20-22の2点差で惜しくも敗れ、今季初黒星を喫した。
前半開始早々、最初にチャンスを手にしたのはワセダ。ゴール前から2度のアタックを試みるも、ノックオンで先制点の機会を失う。そのあと、自陣ゴール前まで攻め込まれると、ラインアウトモールから敵のNO・8に近場をこじ開けられ先制点を許した。
追いつきたいワセダはボールをワイドに振って、足で勝負に出る。8分には左右にフェーズを重ねて、最後はNO・8古賀壮一郎(教4=福岡・筑紫)がゴール左隅にトライ。

11分に逆転を許すも、スピード、角度、タイミングのすべてが完璧に揃ったBKのサインプレーで追加点を奪い、2点差まで追いつく。その後不運な失トライもあったが、ワセダは総じて外国人選手の重くて激しいタテへの突破を鋭いダブルタックルと寄りの早さで耐え凌ぎ、7点差で前半を終える。
今季からCTBにポジションを転向したCTB小倉順平(スポ3=神奈川・桐蔭学園)が加わって迎えた後半。

ワセダはSO間島陸(商4=東京・早大学院)と小倉の優れたキック技術でエリアマネジメントを優位に進める。

ディフェンスではFWがブレイクダウンでプレッシャーをかけ続け、敵のペナルティーを誘い、何度も敵陣深くまで攻め入った。だが、インゴール目前でミスや反則を繰り返し、なかなかトライを奪えない。
両者無得点のまま迎えた31分、ついに均衡が破れる。自陣ゴール前スクラムから、またもNO・8に突破を許し、点差を広げられた。

だがワセダは諦めなかった。
相手選手の運動量が落ちたのを見逃さず、猛反撃。33分にWTB廣野晃紀(社4=東京・早実)が持ち味のスピードで突破し、サポートについた金が30メートルを走り切ると、38分にもモールでトライを奪い、点差はわずか2点。しかし最後は反撃及ばず、涙を呑んだ。
前節の試合でディフェンスの動き出しやコミュニケーションを課題に挙げ、1週間練習に励んだ選手たち。

「(ディフェンス)に関してはいい手応えを持てた」(プロップ垣永真之介主将、スポ4=東福岡)と話すように、社会人相手にもほとんど大きな突破を許さず、課題であったディフェンス面は見事に改善された。

一方でチャンスでの決定力など新たに見つかった課題もある。試合を重ねるごとに課題を克服し、『打倒・帝京大』に向けチームの完成度を高めていく。

【提供】

記事・写真:wasedasports.com  http://www.wasedasports.com/rugby/130514.php

写真:早稲田大学ラグビー蹴球部非公式ファンページ
http://goo.gl/USSv2
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中
  • サポーター募集中